投稿日時:--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 〔後編〕永遠の物語 を見てきた

投稿日時:2012年10月14日 15:13

何度観ても泣けそう・・・

てことでゆかりんのベストアルバムのアドトレーラーをアキバで撮った後に観て参りました。
劇場はユナイテッド・シネマ豊洲。まどマギが上映するSCREEN10が日本でも有数の大きさということで
予めネットで真中央の座席を予約しておきました。前準備は万端・・・かと思いきやギリギリに着くというねw
ゆかりんのアドトレーラー追ってたら知らぬ間にいい時間になっててこれはヤバイと少し急いで向かったら
途中豊洲までの道程にかなり迷いまして・・・昭和通りと中央通り周辺をなんど行ったり来たりしたことか^^;
最近都内に出ることが多かったので平気かと思ったのですが詳しくなっていくのはアキバ周辺ぐらいですねw
こういう時こそ楽に地図検索できるPadやスマフォがほしいガラケー使用者です・・・そろそろマジで変えようかな。

書いてたらちょっと長くなったので続きへどうぞ


杏子ちゃんキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

なにはともあれ杏子ちゃんの変身シーンかっこよすぎワロタ
情報量が多いので上手いこと言い表せませんがとにかく鳥肌が立つほどの格好良さ・・・
杏子ちゃんフリークとしては生唾ものですね・・・ホント素敵なシーンをありがとうございます。
てか劇場版変身シーンとまとめているわけでなく劇場版内でも一回一回変わってるのが贅沢ですよね。
あと杏子ちゃんといえば有名な「一人ぼっちは寂しいもんな」のシーンの前後が新規作画になってました。
これまたスタッフの愛の溢れる出来・・・先の変身シーンとともに早くBDで見直したいものです。




いきなり杏子ちゃんのあまりの格好良さに面食らいましたが総集編としての話へ。

前編より上映時間自体は短くなりましたが相変わらずのいいまとめっぷりでございました。
ほとんど取りこぼしなく何の違和感もなく最後まで見続けられましたね。
ただあえて違和感というか歪みを上げるならほむほむループ後のコネクト・・・
まさか総集編の劇中であの演出をTVシリーズのまま差し込むとは思わなかったw
そのせいで、えっ・・・まさかここで終わり? 11話以降が3部作目で改変??
と思ってしまいましたw まぁそう先走ってしまうぐらいにそこまでの内容でも
ギリギリ後編として足るかな・・・と考えられなくもないということですな^^;




OPは前編後編同じ・・・でしたよね? 小さな変化とかあったのかな?

少し絵が変わることに期待してたんですがまぁまんま同じでもおさらいできたので嬉しかったり。
前編の時はまどかのアルバム描写の時点でウルッときててその後のカット殆ど覚えてなかったのでね^^;
てことでアルバム描写以外のカットなんですがマミさん杏子ちゃんほむほむがそれぞれ一人ずつ
座って佇んでるところがなんか印象的だったり。それぞれの有り様というか姿を対面のまどかが
観て感じてるって感じで・・・色々と考え甲斐のあるカットでした。こちらもBDでじっくりみたいな。




GN裸空間の演出

クライマックス、異空間でのまどかとほむほむの別れのシーンの演出ですね。
TVシリーズではほぼ全裸だったこの部分。そのままなのかそれともモヤモヤを掛けるのか。
はたまた解禁なのか。いやそれはなんかいろいろと駄目だ。大体にして一般アニメの解禁ほど
残念極まりないものはないってのが家の家訓だ。という不純極まりない不安を抱いていたのですが
光のドレスになっておりました・・・あぁこれはいい演出。二人共とても綺麗でした。




てことで劇場版まどマギ後編の雑感でした。

いやぁTVシリーズでも泣きましたが劇場で一気に見ても普通に泣けました。
両隣埋まってたのでなるべくなら泣かないようにと一応我慢してたのですが
杏子ちゃんの相打ちシーンあたりですでに決壊・・・ほむほむのループ回想では
オモシロ要素もあって少し落ち着いたのですがそれ以降は最期までほとんど泣いてました^^;
最近涙腺が緩いですな・・・まどかが魔法少女になって過去の魔法少女達のところに飛んでいくシーンや
たっくんやお母さんがまどかのことをちょっと覚えてるシーンとか特にやばかったです・・・

そして一気見して改めて一番感じ入ったのがまどかの成長とその作りのうまさ。
魔法少女のきっかけであるマミさんという憧れの存在。親友さやかのまどかを焦らせるような
急かすような変化と崩壊。杏子ちゃんという外野から来た別種の魔法少女との邂逅と和解。
そして何より今までまどかを想い続けてきたほむほむの今までの道のりとその過程で擦り切れ
耐え切れ無くなってしまった末の思いの吐露・・・この全ての出会いを束ねた結果の最後の決断ですよね。
登場人物を絞りまどかの成長と過程と結末を1クールで鮮やかにまとめたところに今作の最大の妙を感じます。




最後に3部作目予告

なんだかんだで一番楽しみにしていた次回予告。やはり完全新作になるようです。
新キャラの名前も出てましたね・・・申し訳ないちょっと忘れてしまったけど^^;
個人的には既存のキャラでさらに深く新しく展開して欲しいと思っていたので
新キャラは不安要素になりかねないところなんですけど楽しみなのは変わらないですね。
でも6人目の魔法少女とかはやめて欲しいかな・・・今の5人で完成されてるので。

あとは魔女の存在ですかね。時間軸をどこに置くかあの映像だけではちょっと分かりませんが
また魔女が出てくるのか、魔獣は一体何だったのか。キュウべぇはどう関わってくるのか・・・
そしてほむほむの怖い顔・・・ついに魔女化するんでしょうかね。そういう展開はちょっと見てみたかったり。
TVシリーズ最終回見た時にも続編作るならほむほむの反転の可能性もあると思ったんでね・・・
まど神様の「ずっと一緒だよ」という意味深な発言も含めホント気になってしょうがないです。

まぁなにはともあれ最終的に何が言いたいのかというと
杏子ちゃん成分多めで一安心
ということでw なんかやたら杏子ちゃんを多く見た気がするんですよねw
皆と同じ制服も着てたし・・・どういう立ち回りになるのか楽しみで仕方ない。
次点でマミさんを多く見たかな。ほんとどういう状況なんでしょうね^^;




ちなみに当方のフィルムコマ

当日でなくなる可能性もあると聞き及んでいたので
豊洲の夜上映は大丈夫なのかとかなり心配していたのですがなんとかゲットしました。

dejikame-20121013 (55)

・・・後編でゲットしたので忘れてましたが前後編からワンカットなんですよね・・・
・・・えっとこれは魔法少女になったさやかがニヘラとまどかに心境の変化云々を語ってたところかな・・・
まぁフィルムなんてこんなもんでしょ
フィルム特典もらうのって映画殆ど見ないので初めてなのですがまぁこんなもんだろうなと思ってましたよ。
杏子ちゃんの言ってた通り人生ってのは差し引きゼロ。ゆかりんFilツアーNHK石川公演であまりにも
多量に幸福を前倒ししてしまっただけということです・・・一体どれほどの絶望を感じればゼロに戻るのかorz




そういえばこれこそ余談になるかもしれませんがEDロール見ててかなり驚いたことが・・・
宣伝プロデューサーがまさかの神宮寺くんw
アニコムラジオでアスミスと啓治くんに結婚祝われてたのを最後に耳にしなかったのですが
知らぬ間に出世したのね・・・まさかまどマギの宣伝プロデューサーにまでなってるなんて。お母さん嬉しいわ・・・

ではノシ



スポンサーサイト


[劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 〔後編〕永遠の物語 を見てきた]タグ関連記事

Loading...





Comment

    CommentForm

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    TrackBack

      この記事のトラックバックURL






    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。