ぬらりひょんの孫 1 (ジャンプコミックス)ぬらりひょんの孫 1 (ジャンプコミックス)
椎橋 寛

ぬらりひょんの孫 2 (ジャンプコミックス) ぬらりひょんの孫 3 (ジャンプコミックス) ぬらりひょんの孫 4 (ジャンプコミックス) ぬらりひょんの孫 5 (ジャンプコミックス) ぬらりひょんの孫 6 (ジャンプコミックス)

by G-Tools


一つ目が酷過ぎる・・・



-公式サイト・Wikipedia-
ぬらりひょんの孫 公式サイト
ぬらりひょんの孫 - Wikipedia

-あらすじ-
妖怪ぬらりひょんの血を4分の1引き継ぎ、夜に限って妖怪の力を発揮できる主人公・奴良リクオ。祖父とともに暮らす家にはリクオが次期頭領だとする「奴良組」の妖怪達もいるが、リクオ自身は人間として平穏に過ごすことを望んでいた。

-放送局-
読売テレビ:7/5(月) 25:44~
TOKYO MX:7/6(火) 23:00~
中京テレビ:7/6(火) 26:42~
BS11:7/10(土) 24:00~、7/16(金) 18:30~
アニマックス:7/19(月) 22:00~

-スタッフ-
原作:椎橋寛/監督:西村純二/シリーズ構成:高橋ナツコ/脚本:高橋ナツコ、西村ジュンジ、ふでやすかずゆき、森田眞由美、ハラダサヤカ、渡邊大輔/キャラクターデザイン:岡真里子/妖怪デザイン:田頭しのぶ/美術:スタジオイースター/色彩設定:松本真司/撮影:川口正幸/編集:松村正宏/音楽:田中公平/音響監督:郷田ほづみ/アニメーション制作:スタジオディーン/製作:奴良組

-キャスト-
奴良リクオ:福山潤/家長カナ:平野綾/雪女:堀江由衣/青田坊:安元洋貴/黒田坊:鳥海浩輔/首無:櫻井孝宏/鴆:杉田智和/牛鬼:中田譲治/牛頭丸:吉野裕行/馬頭丸:保志総一朗/鴉天狗:間島淳司/河童:矢部雅史/花開院ゆら:前田愛/清継:谷山紀章/巻紗織:阿澄佳奈/鳥居夏実:平田真菜/島:柿原徹也/木魚達磨:辻親八/納豆小僧:新井里美/毛倡妓:かかずゆみ/奴良若菜:水野理紗/一つ目入道:松山鷹志/良太猫:石井真/ぬらりひょん:大塚周夫

-主題歌-
OP:MONKEY MAJIK「Fast Forward」
ED:片手☆SIZE「Sparky☆Start」



良太猫が営む化猫屋に新顔の鉤針女(かぎばりおんな)が入店した。一見、気のいい店員のように見えるがその実、七人同行の一人である。そのころ奴良組では警備の間をくぐり抜けるようにまた一人、四国の者に襲われる。
今回被害にあったのは幹部・もったいなしお化けと配下の者。まるでその動きが敵に筒抜けになっているかのような手際の良い襲撃だった。身内に裏切り者がいる? 奴良組にはさらなる緊張が走る――。

一方、ゆらは浮世絵町にうろつく妖怪の気配を察知していた。ゆらに正体を見破られたのは鉤針女。「奴良組にも察知されなかったのに、なぜ人間の小娘に」動揺する鉤針女はゆらの始末を決意する。だが、一度スミを付けてしまった鉤針女はその正体をリクオにも見破られてしまうことに。

そしてリクオの屋敷で合宿を張る清継たちはと言うと、相も変わらず陰陽道の技を鍛錬する日々を送っていた。その鍛錬に巻き込まれているのは、清継たちの護衛の任につく雪女。島からの熱い愛の視線を浴びながら、「何故、妖怪の自分が陰陽師の技を積まなければならないの?」と涙ながらにその鍛錬に耐えるのだった。


引き続きオリ回


前回の河童回から引き続き毛倡妓回ということで
だがそれ以上に悪う意味で目立ってたのが奴良組幹部の一人、一つ目ですね・・・
こいつはまた原作以上に小物過ぎる・・・
原作では何かとことあるごとに前のめりでウルサイということで小物だったが
アニメの一つ目はウルサイだけでなく本当に本当に弱そうに見えてしまうから困る・・・
軽々と情報漏洩に利用させられてた責任を棚において組の在り方に責任を押し付けるとは・・・
自分をまとめられないことを口にしちゃう辺りにものスゴイ小物臭を感じますね^^;
どうにか一代目時代の、牛鬼と背中を合わせて戦ってた頃の一つ目に戻ってくれないかね・・・
あの頃と比べたら今の一つ目は見るに耐えませんからね・・・カッコ良かったのになぁ・・・
唯一の救いは一つ目がまな板フェチだったところ(オイ
まぁあんなおばはんのまな板じゃ完全同意にはほど遠いですけどね


話は戻して、毛倡妓のお当番回ですね
兎にも角にも旬を過ぎたオバさんVS色年増の女の戦いということで・・・
相手は七人同行の一人、針女 イカ娘的な触手を振るって攻撃してきます
にしてもオバさんのくせに自分で七人同行の紅一点を名乗るとは非常におこがましいですな
クールビューティーな夜雀ちゃんがいるだろうて・・・分かってねぇぜこのオバさん^^;
一方の毛倡妓はいかんせん技のネーミングセンスが頂けなかった・・・w
遊び女の舞ってオイw コメントしにくいがどうなんだこれはw
決着は夜リクオの介入があったもののもちろん毛倡妓優勢で終い・・・
・・・というわけではなかったんですよね ここが違和感を感じるところであります
原作基準だと奴良組と四国の田舎妖怪の実力差は歴然のはずなんですよね・・・
前回の河童ぐらいの余裕があればな・・・





てことでいまいちしまらない15話でした

うぅ~ん・・・・・・やっぱりどうにもしまらないですよね^^;
なんか流れが前回とそう変わらないように見えてしまって仕方がない
さらに前回と違い今回は裏で動いてるはずの袖モギ様の描写すらもうなかったし・・・
展開が遅い分、余分に時間を稼いでる分もう少し全体通して大きく動かして欲しいものですよね
てか大体にして針女にそこまでのキャラを立たせる必要を感じないんですよね^^;
七人同行をラスボスに置いて話をすすめるには必要なのかな・・・

ではノシ








ぬらりひょんの孫 第2巻【初回限定生産版】 [DVD]ぬらりひょんの孫 第2巻【初回限定生産版】 [DVD]
(2010/10/22)
福山潤 平野綾 堀江由衣 櫻井孝宏 杉田智和 大塚周夫

商品詳細を見る

スポンサーサイト

Tag:アニメ 感想 ぬらりひょんの孫 かかずゆみ 前田愛 折笠愛

コメント 0

トラックバック 18

この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  ぬらりひょんの孫 #15 闘女、百花繚乱
  • テレビ版の 『ぬらりひょんの孫』 を見ました。 (以下ネタバレです。まだご覧になっていらっしゃらない方はご注意して下さい) 姿を見られ...
  • 2010.10.19 (Tue) 23:45 | ビヨビヨ日記帳2
この記事へのトラックバック
  •  「ぬらりひょんの孫」第15話
  •   #15「闘女、百花繚乱」玉章の攻撃が本格的になろうとする中、奴良家で清十字団の合宿を行っていた清継がある調査結果の報告を行った。それによると浮世絵町で何者かが社や祠...
  • 2010.10.20 (Wed) 05:33 | 日々“是”精進!
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  ぬらりひょんの孫 第15話「闘女!百花繚...
  • 再会に何を想う--------------。ふたりのヒロインと接触したリクオ。接触を図ってきた四国妖怪七人同行。さぁ、今回の妖怪は---------?見張り強化を続ける奴良組の妖怪たち。だが、既に化...
  • 2010.10.20 (Wed) 08:08 | ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  ぬらりひょんの孫 #16
  • 【闘女、百花繚乱】 ぬらりひょんの孫 第3巻【初回限定生産版】 [DVD]出演:福山潤 平野綾 堀江由衣 櫻井孝宏 杉田智和 大塚周夫販売元:東宝発売日:2010-11-26おすすめ度:クチコミを見る つららちゃんの私服姿が可愛かったですね~♪ 
  • 2010.10.20 (Wed) 09:24 | 桜詩~SAKURAUTA~
この記事へのトラックバック
  •  ぬらりひょんの孫#15「闘女、百花繚乱」感想
  • 妖気を感じるゆらの目の前に四国妖怪が現われた!その名も「鈎針女」!「闘女、百花繚乱」あらすじは公式からです。良太猫が営む化猫屋に新顔の鉤針女(かぎばりおんな)が入店した...
  • 2010.10.20 (Wed) 16:08 | おぼろ二次元日記
この記事へのトラックバック
  •  ぬらりひょんの孫 #15「闘女、百花繚乱」
  • 百花繚乱というほど女性陣が闘った印象もなかったのだが…? 原作から遠ざかってきたということは、アニメオリジナルエンドに向かって 収束し始めたということで良いのかなー。 ぬらりひょんの孫 第3巻【初回限定生産版】 [DVD]出版社/メーカー: 東宝メディア: DVD
  • 2010.10.20 (Wed) 16:20 | 風庫~カゼクラ~
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  ぬらりひょんの孫 #16 闘女、百花繚乱 レビュー キャプ
  • クリックで別ウインドウ原寸大表示 浮世絵町のパとロールをより一層強化している奴良組。 黒田坊と青田坊が化猫屋にパトロールに行くと、見慣れない 妖怪の女のウエイトレスが。怪しい…怪しいぜ!!って それ、四国の七人同行の針女だから! しかし、みんなは それには...
  • 2010.10.20 (Wed) 22:08 | ゴマーズ GOMARZ
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック