投稿日時:--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Fate/Zero5話 & WORKING´!!5話 感想

投稿日時:2011年10月30日 04:18

Fate/Zero 5話 「凶獣咆吼」

いやほんとすごいぞFatezero・・・。前回のセイバーとランサーの騎士同士の濃密な戦いが一つの流れの中での最高潮かと思ったら更に面白くなりやがった。征服王のスカウトから始まり金ピカさんの堂々登場、バーサーカーの宣戦布告、時臣の令呪、セイバーVSバーサーカーの因縁の対決、ケイネスさんの早とちり、髭の旦那の狂喜、最後はセイバーさんモテモテ・・・もうあらゆる意味あらゆる方向で濃すぎます。そしてまた一週間が待ち遠しくなる、と・・・上手いことできてやがる。最高の作品ですよええ。スタッフさんに感謝です。

兎にも角にもサーヴァント6人を一同に会しての緻密な読み合いですよね。ここまでの大所帯ながらもそれぞれのサーヴァントやマスターにそれぞれの能力や因縁、目的を絡めながら非常に濃密で理にかなった戦場を作り上げていました。特に目を引いた駆け引きはセイバーに加勢しようとするライダーの一幕ですね。ケイネスさんの理にかなった騎士道のかけらもない令呪はなかなかに潔くてよかったが残念イレギュラーたるライダーを見落としたままで戦況を運ぼうとしてしまった。結果今回の駆け引きで一番わりを食ったのは令呪を一つ無駄遣いしてしまったケイネスさん。一番可哀想だったのはランサーでしょうね。セイバーと騎士としての戦いを望むためにマスターに懇願するも令呪で制御されてしまうランサーは見ていてなんとも切なかった・・・最後ライダーに騎士としての矜持を守られた姿は涙。巷によると凄惨な最期を迎えるらしいですがそれまでに少しでも多くの騎士道を貫かせてあげて欲しいものです・・・。反面ほんとケイネスさんが群を抜いて小物過ぎですねw このままだと本当にただの噛ませになってしまうので早くバックボーンたるソラウさんに出てきて欲しいものです。でもまぁ全体通して結果オーライなのは騎士組のそこはかとない結束ですね。セイバー、ランサー、ライダーの3人のサーヴァントだけでの男らしい幕引き・・・ケイネスさんが濁した空気なんてへでもない気持ちよさがありました。

そしてバーサーカー。CGな彼ですが思った以上に画面に溶け込んでいて良かった。まぁ適度に3Dのほうがバーサーカーの異常異形異質っぷり、浮きっぷりが際立ってまた面白くなると思います。それに何より格好よかった。黒い甲冑から不穏なオーラ・・・中二心を擽られますなぁw 戦闘力に関して言えばこちらもまた予想以上。まさかあそこまでキンピカさんに対抗できるとは思いませんでした。あのまま続けていたら本気のキンピカさんの勝利だったでしょうが、バビロンを退けるその芸当は眼を見張るものがありましたね。てかバビロンってああやって視点変更するのね・・・あの仕様なら複数で襲いかかればもしかしたら・・・まぁ無理なんだろうけど^^; そしてVSセイバー・・・EDでもネタバレしていますが一応伏せときます。まぁこの二人の決着というのも今後の大きな楽しみの一つですな。あの状態で会話出来るのかはわかりませんが是非ともセイバーとの掛け合いを見てみたいものです。ちなみにバーサーカーの能力は全てのものを宝具に出来るという一見チートまがいなもの。でもその能力には色々と裏設定があり巷の情報によれば何でも宝具にできるが全てDランク相当になってしまう&元からそれ以上のランクの宝具ならば従来のランクのまま扱うというものらしいです。気になるはDランクの強さですよね・・・Dってかなり低いのでは・・・w 使い方を考え物量を用意すれば武器になりそうだけどバーサーカーにそんなもの望めそうにないしなw 後述の設定はキンピカさんオンリーへの効果でしょうか。宝具なんてそうそう奪えるものじゃないだろうしね^^; まぁそんな非常に扱いに困りそうな能力ではありますが今後もその卓越した術技で魅せて欲しいものです。

ちょっと疑問なのは時臣の令呪まで使っての判断でしょうか。ぶっちゃけキンピカさんが本気を出せば殲滅は無理でもあの場を優位に制圧することはできそうなものなんだが・・・。宝具の連発もあの見た目上もう別に痛くも痒くもなさそうだしw これはライダーの言うとおり単に時臣にキンピカさんほどの度胸がなかっただけなんですかね? それとも彼には彼の目論見や戦況の展開があるのだろうか・・・。頭でっかちと予想する彼のこれからの采配に期待ですかね^^; その影で改めてちょっと面白いなと思ったのはアサシンの特性ですかね。サーヴァントは基本的に真名や宝具を公開するべきではない。だけどアサシンは自身の一部を小間使いとして行動させることができる。すなわちほぼ無条件でマスターを行動不能に陥れることが出来る。絶体絶命なセイバーを何とか援護しようとする切嗣を不動のまま押し黙らせたその特性は今更ながら脅威と感じました。サポートに回せばこれほど頼りになるものはないでしょうな・・・。

ラストは髭の旦那と竜ちゃん。PVでの旦那の台詞「我愛にて汚れよ」・・・やっぱセイバーさんのこと言ってたのね・・・w さてさて他サーヴァントのほとんどからモテモテのセイバーですがどうなることやら。あの狂喜を見ると次回にもすっ飛んできそうで怖いですねw ランサーとの戦いが汚されることのなきよう・・・もとよりケイネスさんがいるから無理か^^; にしても鶴岡さんの狂気に満ちた演技は素晴らしい物がありましたね。あそこまで真っ直ぐで清々しい狂喜はもしかしたら初めてかもw 今まで自分の見てきたアニメではあまり耳にしなかった声優さんなのですが今後注目していきたいと思います。



WORKING´!! 5話 「ワグナリアの巨大な胃袋」

幼女かわいいよ幼女なお話。あの小動物的可愛さは反則ですね。ヘンに喋らない所がまたいい。無垢なままに夢中になってケーキ食べたりおままごとしたり・・・とんでもない破壊力ですよ。小鳥遊君に気持ちが痛いほど分かりました。てかこういうのも何だが自分も小鳥遊君同様、幼女が絡むとどんなに稚拙な話しでも非常に狂おしくなってしまうんですよね。心が締め付けられると言うか瞬間的に涙してしまうというか・・・。特に今回のような口数が少ない且つ一つのことに懸命に取り組む幼女に弱いですね。どうにかして幸せになってほしい・・・勝手にそんなことを願ってしまうわけですホント何語ってんだろうなw

一方店長ですが相変わらずですね。憎めない・・・とはぶっちゃけ言いにくいかなw ホントなにもしないんだもんなぁ^^; だからといって何かしようとする努力や思考回路も皆無なわけで。食べれないなら食べれないままで停止してしまうんですよね。今回は幼女でなんとか救われてたけどオンリーだったら見るのキツイだろうな・・・。そんな店長に悩まされる佐藤さんが不憫で不憫でたまらない。八千代さんにはもっと佐藤さんのことを気遣って欲しいものです。このままじゃ佐藤さんが可哀想でしょうがない!!




最後は与太話
まじこいどうしようかな・・・w みんなキャラ崩壊しててぶっちゃけ原作ファンとして見るに耐えない・・・
ではノシ


スポンサーサイト

僕は友達が少ない4話 & ギルティクラウン3話 & 未来日記3話 感想

投稿日時:2011年10月28日 16:01

僕は友達が少ない 4話 「後輩達は遠慮がない」

ついに理科、マリア、幸村の登場ということで。これで一応主要キャラ全員集合ですね。
まずはマリア。聞き分けのいいもとい騙されやすい天才バカ幼女ということで。ゆかちとのマッチングは理科@福圓さんに匹敵するものがありますね。今作最高のシンクロ率です。あとシスターということでインさんが思い浮かびますが正直インさんより好みですw あの考えの足らない思考回路・・・気持ちいいぐらいですねw なにより彼女の本領は小鳩とのからみ。来週見れそうなので楽しみ。お次は幸村。中の声優さんをあまり存じ上げなかったので不安でしたがほぼ理想通りでしたね。可愛さも正直原作以上でした。

まぁそんな上の二人を食ったのが理科なわけで・・・w 原作でもお気に入りの理科でしたがさすがの爆発力でしたw 引っ掻き回し役としては最高ですね。ロボット同士のからみはほんとひどかった・・・妙に動きよかったしねw 実際あんなジャンルあるんでしょうかね? そしてなにより福圓さん、お疲れ様でした。振りに振り切った演技・・・星奈のそれとは違った方向で楽しませて頂きました。今後もいろいろと酷いと思いますが頑張ってください・・・。

でも凄い爆発力だった理科も含めてなんだがやっぱ1話で3人登場ってのは無理があるよねw 言うても主要キャラ、キャラクター性だけで言えば夜空や星奈にも負けない連中ばかりなわけで。特に理科は小鷹に助けられてから惚れるまでのスパンが短すぎる!! マリアも顔見せだってのにちょっと自己紹介して一ネタかまして終わりだったしな・・・全く満足できない!! ともかくもう少しそれぞれ丁寧に描いて欲しかったですな。加えて絵の崩れも気になった。この絵柄、特にモブ勢に強く言えることなんだがそらおとを思い出すんですよね。線や色がどことなく濃いんですよ。だからか少し崩れただけでもなんか妙に目についてしまって・・・。これ以降の作画の標準が低くならないことを祈るばかりです。

あと以前から言ってることなんだがやっぱり全体のテンションがちょっとばかし低い。単純にBGMが足りてない。そして夜空がたまに急に声を張ってシリアスを醸しだそうとするのがうざいw 原作では夜空自身で処理してサラっと流してた部分なのですがなんかアニメじゃ単に空気読めないやつ見たくなってて残念ですね・。部室が大きな動きの出来る場所じゃないのでそのねっとりとした空気が上手く循環して流れることもなく・・・。ともかく全体のテンションですよ。全員が集まったことでどれぐらい盛り上げられるか・・・一応期待しときます。



ギルティクラウン 3話 「顕出 void-sampling」

集の情動から察するにどうやらこの作品の塊根の一部である所の日常を描いたお話ということで。
やはり集がは思った以上に繊細ですね・・・。妙に自分を卑下したり必要以上に人間関係に機微を感じていたり。なにより彼を取り巻く人間関係や所属する部活がどんなものかいまいち掴めないからかなんかしっくりこない。気持ち悪いぐらいリア充な素振りを見せるアゴが気になる友達がいたり、あまり目立たないのにヘンに積極的な幼馴染っぽいのがいたり、イノリさんの在り方に妙な固定観念を突きつける部員がいたり・・・。全体的にちょっと歪んで見えます。日常のど真ん中にあるはずの学園生活内だけでもまとまりがないと言うか。その歪や違和感の理由が特に世界観、いわゆるGHQ云々に影響されてのものでもないのがなんかなw 集までとはいかなくてももう少し周りの現状に感化されてもよさそうなもんだが・・・。なりふり構わず状況に淘汰され無為に死んでいく未来日記の生徒たちが懐かしいですw

それにしてもヴォイドを抜き出すときってあんな壮絶だったんですねw 一番最初に引きぬかれた颯太の描写は笑ったw なんか絶命しそうだったじゃないかw 設定もすごかったですね・・・17歳以下に限るとか。その年齢制限にどんな裏があるんでしょうかねまぁきっと若い子出すための設定で特に意味ないんでしょうけど。

ラストは裏切りで終了。公式サイトの予告を見るにどうやらこの件で集の心は疑心暗鬼を極めGHQと葬儀社の板挟みになるようです。まぁきっと結果的に葬儀社に転がり込むことになるんでしょうが、個人的には完璧な第3勢力として覚醒するのを期待w 彼がイノリに問うた自己決定の在り処・・・迷いながらも自分の気持の赴くままに突き進むぐらいの男らしさを見せて欲しい!!



未来日記 3話 「初期不良」

由乃の可愛らしさ、そして内に秘めた凄絶なまでの闇の両面を濃密に描いた今回。デートの甘酸っぱさから由乃の家への落差がとんでもないことになっていましたね^^; 大体にして由乃の家の容貌からして怖い!! よく雨の中であんな薄気味悪い和館に入ったものだよユッキーも・・・w そして由乃の秘密とは・・・一見竜ちゃんチックに死体か何かが置いてあるのかと思ったんですが若本さんいわくその秘密はこのデスゲームの根本を揺るがすものらしい・・・一体何が眠ってたっていうんだ。楽しみですな。

一方みねね様はというとなんか人知れず束縛拷問されています^^; 今まであんな破天荒だったみねね様が拷問されていると思うと・・・w 更に衣装もチェンジ! 最初のゴスロリもインパクト大でよかったですが野性味溢れる簡素な黒のタンクトップというのもいいですね。にしても彼女を捕らえた日記所有者の目的とは一体・・・どうやら催眠術師らしいのでみねね様を利用でもするのでしょうかね?ユッキーAnd由乃みたいに確かに日記は2つ以上組み合わせると未来予測範囲が抜群に上がることもあるわけで。まぁそんな真っ当な理由ならいいですがねきっと違うんだろうなw にしてもあの紙袋を頭にかぶった姿、なんかボーボボの絶望君を思い出した・・・なんでだろw



与太話
何かが足らないと思ったらイカちゃんだったw 隔週はキツイお・・・


Fate/Zero4話 & 真剣で私に恋しなさい!!4話 & WORKING´!!4話 感想

投稿日時:2011年10月23日 04:58

Fate/Zero 4話 「魔槍の刃」

ついに本当の意味で聖杯戦争本格始動!!ということで先週から気になって仕方がなかったセイバーVSランサーです。ホント最近このzeroが楽しみで一週間生きているような所があるのでね・・・w 今回の戦闘回は期待もひとしおでした。

とにかく惜しみない綺麗なエフェクトや重みと迫力のある映像、堅実細かで理にかなった手の読み合い、そしてなにより二人の騎士としての意気や周りの状況が創りだす重々しい雰囲気・・・見入ってしまいました。開戦よろしく超ド派手な戦いではありませんでしたが無重力のような無理のあるモーションや同じ動きでの一辺倒なアニメチックな押し合いではなく、静と動を引き締めてよりリアルに戦いを描いたところは非常に好感を持ちましたね。てか他サーヴァントのメンツ的に、ここまで堅実な純粋な読み合いが支配する戦いができるのってこの二人しかいないようなw 体躯や容貌的に他の皆さんはほとんど人外だしね・・・まぁとにかく総じて冗談抜きで劇場版レベルでしたな。

戦いの運びとしては見えない剣VS長短一対の槍・・・加えて他サーヴァントらにおおっぴらに公開された戦場ということもあって宝具などの手の内をそう易々見せられるはずもない・・・想像以上に条件の厳しい、絵としても描き易くはない戦いだったと思います。どちらが優勢だったかと聞かれるとやはりランサーでしょうか。剣と槍ではまずリーチ、攻撃範囲が違う。風王結界で見た目の範囲を見誤らせるとしてもランサー側も長短一対の槍で変幻自在。風塵で互いがよく見えない状況での安全な槍での突きなど攻撃の手数の多さなども優位点でしょう。平均してランサー優勢だったと思います。だがランサーとしても初戦にして宝具2つ出してセイバーの腱を切るだけに終わってしまうという至らなさ・・・今後の戦いへの影響はランサーのほうが大きいでしょう。セイバー側はエクスカリバーの存在はバレたものの実行力に関してはまだ見せてませんしね。てか最大HPを削るようなあのゲイ・ボウの呪いって解けるものなのか・・・もし今後も腱が切れたままだと確かに不利だよな・・・。

そういえばランサー。魔貌のチャームは生まれつきと外面困ったような顔をしいましたが、その実当人もわりと野性味溢れる方なのですねw 女性に対しても気負うことなど全くなく、逆に基本女性は自分に惚れざるをえないという自負を難なく受け入れているようでした。それこそ生前はモテにモテたのでしょうな・・・そんなところもさすが英霊だからなのかw 緑川さんの声に霞まないキャラなだけはありますよええ。そんなランサーのマスター:ケイネスさんですが変に茶を濁さなくてほっと一息。もっと狡い手を使ってくるかと思ったんですがね。これは自身の高位魔術師としての不遜、油断なのか・・・許嫁のソラウさん含めてちょっと注目していきたいと思います。

そんな戦場に雷鳴のごとくかけ降りた我らがライダーチーム!! いきなりど真ん中に舞い降りて真名声明とかどんだけだw 虚を突かれたセイバーとランサーの顔が印象的すぎるよw にしても残った5人を一辺にまとめて相手にしたいとはまた豪胆なことを・・・。今出ている宝具はサンタさんチックなドデカ牛車のみなのでいかんせんライダーさんの戦い方が分からないんですよね・・・楽しみ過ぎる。あとちょっと簡単な予習と言う名の興味でFate関連のwikiをぎりぎりのところまで覗いてたんですが早くライダーとギル様の邂逅が見たいものですホント。純粋なオーラや覇気で言えば二強のこの二人・・・ギル様の本気がみたいですな~



真剣で私に恋しなさい!! 4話 「真剣で私と語りなさい!!」

4話目にして改めて感じましたがやはり原作ゲームとアニメの伝えるものが全く異なっていますねw もはや別作品ですw エロゲのアニメ化だからといってここまで違いが出るとは想像してなかったぞw まず京ですが前回と同じく相変わらず良く動く。原作での静の魅力が皆無ですw 大和の気持ちが傾くまでの鳴くまで待とうホトトギスタイプではなくなっています。その原因をちょっと個人的に考えてみたんですが、基本立ち絵オンリーのPCゲームの形式は図らずも静の京とてもマッチしていたということでしょうかね。戦闘も遠距離からの弓兵だし・・・ともかくあんな高い声で常時動いてる京が違和感丸出しでしかたがありませんw

・・・なんかクリス&ワンコ回だというのに京を語ってしまった・・・w まぁ京に負けず劣らずクリスとワンコもちょっとおかしかったです。川神大戦後だというのにクリスが大和の策士的立ち位置に不満を持っていたり(だというのにハーレムよろしく片思いだったり)・・・あのワンコが嫉妬してモモセンパイを女の子に差し向けたところとかちょっとショックだったな・・・あんな頭が回る子じゃなかったのに。てかワンコが全然バカキャラじゃない&言う割に胸も普通にあるとかダメだろ。まぁせめてもの良心としてワンコだけはエロ押しじゃなかったのが救いかな・・・w

てか大体して川神大戦後にモモセンパイにフラれてしまう大和ってのが原作ファンとしてあまり想像出来ないのが痛いかな。加えて個人的に嫌いなハーレム・・・今更ですがもうアニメに原作の楽しさを求めるのは間違いですねw まぁこのアニメをキッカケに少しでも原作をプレイしてくれる人がいることを望んでいます。



WORKING´!! 4話 「マンホールスパイラル」

前回から引き続き勘違いコントですがそこはかとなく繊細な恋愛描写を入れてくるところが最高でした。特に伊波ちゃんと小鳥遊君の掛け合いですね。図らずも互いの気持ちを牽制しあってしまったようなあの掛け合い・・・勘違いながらも自分の恋心が一瞬トンと砕けてしまったような伊波ちゃんの表情と言ったら来るものがあった・・・。一期も伊波ちゃんプッシュでしたが二期も相変わらず伊波ちゃんプッシュになりそうです。腰の入った拳が少なくなってくるのは寂しいですが是非とも成就して欲しいものですな・・・まぁくっつきそうでくっつかないぐらいが外野からすれば一番楽しいんですがw

一方佐藤さん&八千代さんカップル。かなりのチャンスだったんですが佐藤さんは結局想いを伝えられず・・・。ドアを背にしてヘタレと吐き捨てる相馬さんにドキンときた。日頃はふざけてばかりですがなんだかんだで佐藤さんの恋路を見守ってるんですね。てか伊波ちゃんは一期の時点でこの二人の恋仲に気付いてなかったんですね・・・確かに思い返してみれば現場にいなかったか。このなかなか進展しない2つのカップルが刺激し合うことでどう変化するか楽しみですな。まぁきっと最期までくっつくことはなさそうだけど^^;

あとこれは危険な考えかもしれないけど、珍しい伊波ちゃんと佐藤さんの絡みみて・・・この二人もいいなぁと思ったりw 八千代さん以外に容赦のない佐藤さんと押しに弱い伊波ちゃん・・・合わないわけないんじゃないかとw やっぱ大事な所でヘタレではありますが佐藤さんの男としてのスペックって尋常じゃないんですよね。ほぼ同い年として目が痛いですw

行方不明だった音尾さんの奥さん、春菜さんが初登場。なんだあのレアモンスターみたいな扱いはw 音尾さんも諦めてやるなよw てかツチノコレベルの遭遇率って・・・ポケモンにおける三幻獣や色違いも比じゃないような気が・・・w。でも幸薄そうですが可愛げのある奥様であることには変わらないわけで・・・容姿的には好みです。服の中から牛乳とかネタも利いてるw よくよく考えればツチノコレベルの遭遇率でこんな奥さんと会ってしまったらそのずば抜けた幸運さも相まって確かに結婚したいと思うかもしれない・・・w 今までにいないキャラなのでもっと出てきて欲しいですなぁ・・・まさか今回限りという頃はないだろうけどまさかな・・・



ではノシ

僕は友達が少ない3話 & ギルティクラウン2話 & 侵略!?イカ娘4話 & 未来日記2話 感想

投稿日時:2011年10月21日 15:36

僕は友達が少ない 3話 「市民プールはフラグがない」

アニメ化において最初の懸念であったエロゲ朗読。かな恵さんはよくやってくれたと思いますw かな恵さん自身の恥ずかしさも相まってなかなかドキドキするものに仕上がっていました。朗読内容によって星奈の肉々しい部分がクローズアップされるところもナイスでしたね。適度にふとましくて最高ですw 水着回も思ってた以上によかった。小鷹の威圧に若干の違和感はありましたがその後の星奈の頬染めで全てが許されました。

そして俺らの小鳩登場!! いやぁ痛いっすなぁ~あんな中二かぶれの痛い妹欲しいものですw 更に実兄に全裸も構わず抱きついてくるとか最高だろ。小鷹のスルースキルも相当だと思うけどw でも以前から言ってる通りやっぱり声に違和感あるな・・・ カナーンには悪いがなんだかんだで人気のキャストを集めたと言うか。個人的には桃井はるこさんとかゆかりんぐらいのハッチャケ萌えボイスでよかったと思うんですがね。桃井はるこにおいては瀬戸の花嫁の燦ちゃんをそのまま持ってきてもいいぐらいだと思うんだが・・・。これは慣れるのか慣れないのか・・・脳内再生音声が塗り替わるには今後の出来次第といったところでしょうかね。マリアと絡むことでどこまでなじむかが勝負!!

にしてもちょっと今回全編にわたって違和感を感じたので原作ちらっと読み返したんですが、イベントの順序がかなり入れ替わっているのね・・・幸村の登場が持ち越されてて逆に水着イベントを先に持ってきたようです。だからなのか水着イベントがなんか唐突というかなんと言うか。この色恋沙汰イベント重視のペースで1クールでどこまで行くんでしょうね。ちょっと不安になって来ました・・・出来れば原作のいろんなイベントを濃密にさらって欲しいんでね。あとこれは初回から思っていたことなんだけどもう少し全体的にテンションを上げてもいいと思う。箇所箇所BGMが足りてないような気がしますね。まだ3人ということもあってか殺伐としてると言うか。個人的にこの作品に求めているものはエロではなくコメディなのでね・・・早く理科とマリアカモン!!



ギルティクラウン 2話 「適者:survival of the fittest」

OPの出来が予想してた以上によかったです。もとより曲がとても好みなのですが映像も引けをとっていませんでした。思いっきり前面に押し出された近未来な感じと奥行のある絵がとても気持ちよかったです。サビで二人で飛んでるところとか良かったなぁ~

てことで本編なのですが専門用語無双でついて行けないところも多少ありますが葬儀社や敵組織の体制、ジンのカリスマ性、そして主人公の決断と転校生と一気に進み始めた感じですかね。敵組織のクズっぷりや葬儀社の軽快な作戦行動がなかなかに気持ちよかったです。特に竹達さんが演じてるツグミが面白い動きを見せてくれました。ヴェーダっぽい空間の中で所狭しに広がる情報を操作していくさまはコミカルであり可愛かったw あまり注目してなかっただけに伏兵でしたね。今後注目していこうと思います。

その中で集も大事な役目を押し付けられ無事それを果たすわけですが・・・結果葬儀社には入らなかったわけで。初回の感想でも書いたとおりこの世界での日常や集を取り巻く環境があまり描かれていないので未だ彼の感情の基盤や持って行き方が腑に落ちない^^; あそこは腹決めるところだろおい!!とつい思ってしまいましたねw 強い意志や自主性のない主人公に見飽きたってのもあるけど・・・設定がギアスに似てるだけにルルばりの野心あふれるキャラが恋しいのかなw さてさて彼が優先した日常とはこれいかに・・・次回以降の描き方に懸かっていますね。集はこの世界観に見合うだけの主人公に慣れるか・・・



侵略!?イカ娘 4話 「Englishじゃなイカ!?/止めなイカ!?/流れなイカ!?」

引くぐらいの英語の発音の良さに衝撃を受けた・・・タケル含めなんでみんなあそこまでネイティブなんだよw いくら英語って言ってもあそこまでこだわった演技あまり見ませんよね・・・。自分も栄子ほどではないはずですがあんなの眼の前でやられちゃゲームオーバーです。そういう意味では栄子の胆力は尊敬に値しますねw あとグラス細すぎw 危なっかしくて置けないぞあんなのw

草舟のお話。サッカーの時も思ったけどあの小学生たちはなんであそこまでイカ娘に嫌われるのを避けてるんでしょうかね?w 献身っぷりが見てて苦しいですw そしてそこからのミニイカ娘へのコンボ・・・なんかずるいですね。否応なく可愛いです。 



未来日記 2話 「契約条件」

展開が早くて非常によろしいですね。由乃やその他の日記保有者に振り回されるユッキーの感情の起伏が見てて飽きさせません。取り付く島がなさすぎますね・・・今後の展開も楽しみ過ぎる!!まぁ言ったように感情の起伏が恐ろしく激しいので何回か見てそれぞれのキャラを読み取れれば更に面白いでしょうがね。

新キャラのフォース、ナインスもまた面白い。特にナインスの壊れっぷりが酷かった・・・まさか生徒たちを無視していきなり校内爆破とは・・・テロリストの鏡ですね怖い怖い(((;゚д゚))) でも本当に怖いのはフォースなんですがね・・・ 正直由乃以外本当の味方になってくれるとは到底思えない!! だからこそ分かりやすい敵より身内の方が怖いわけで・・・今回の同級生のようなね。いつか大事な所でさらっと裏切られそうでとても怖いですな・・・




与太話
順調にアニメに戻ってきてますね・・・でもそれより先にやらなければいけないことがあまり進んでないのも困りものです。学業然り小遣い稼ぎ然り・・・逃げちゃダメだってのは解ってるんですがね^^; それに加えてまじこいSが頭の中を占領しすぎててどうにも思考回路が重いとですw 早く発売せい!!
ではノシ


Fate/Zero3話 & 真剣で私に恋しなさい!!3話 & WORKING´!!3話 感想

投稿日時:2011年10月16日 13:56

Fate/Zero 3話 「冬木の地」

戦い前の一時もとい繋ぎ回だってのに何だこの面白さ・・・凄いですね。とにかく各陣営の動きがそれぞれ違っていて、Fateほとんど初見の自分でもただなんとなく見ているだけで面白いです。

特に面白かったのはやはりライダー&ウェイバーちゃんですね。昼時の主婦みたいな格好なイスカンダルさんと何気にちゃんと偵察とかに行っているウェイバーちゃん・・・すっかりいいコンビですw てかイスカンダルさんが思いの外逆三な体型でちょっと意外だったり。腹部ももうちょっと図太いかと思ってたんですがね。まぁワンルームと比べると分かる通り大きさは相変わらず規格外だけど^^; 時臣氏は思った以上に胆力のある方ですね。傲慢なギル様に対しあそこまで冷静に応じ、自らの目的もちゃんと視野に入れているとは・・・正直ケイネスさんと大差ない小物臭を感じていたのでねw 今後は彼の行動にも注目しときます。

衝撃だったのはハサンさん。まさかあんな能力?があろうとは・・・w アッサシ~ンとかウマイ事言うなとか笑っていたら虚を突かれたよw だってEDの一枚絵ではインド調なオッサン一人だったがな!! 当然退場したと思うがな!! さらに多くても7、8人かなと思って見てたんですが最終的にはパッと見20人近くいましたね。ただ単純に恐怖です。あの全てを倒さなければほんとうの意味でアサシンを倒した事にはならないのか・・・またキンピカ様の必殺刀幻境の出番ですかねここは^^; あの人ならあの数のアサシンでも軽く一蹴できそうですw てか内の一人だけで退場扱いって聖杯戦争もかなり大雑把なんですね。イスカンダルさんの言っていたことを違った形で解釈するのなら、死ぬ前にアサシンが分身したのではなく、あの老若男女全てで構成されている「アサシン」という名の群体と考えたほうがいいのでしょうかね。まぁともあれあの数の英霊?がどのような展開でほんとうの意味で退場するのか楽しみです。

最後に切嗣。なんだあれ・・・自分と同じ雰囲気のクールビューティーとホテルでしっぽりとか・・・キスで終わるのならまだ酌量の余地はあるがどうなんでしょうねまったく!! あの引き方だとちゃんとやる事はやりますよみたいな昼ドラチックが拭えないよ。 前回はイリアに対してイイお父ちゃんだったってのに・・・。まぁ代わりにアイリをエスコートする騎士様が見れたのでよしとしようかね。PVの時から思ってたけどやっぱスーツ姿のセイバーはイケメンでした。自分男ですがこんな騎士様にならエスコートされてみたいものです。早くfigma出ないかな。

ラストはセイバーとランサーの対峙で終了。これはずるい。ランサー@緑川さんもイケメンですね。互いに一人の戦士として礼節を重んている空気が凄く良かったです。でもランサーのマスターであるケイネスさんはなんか狡いイメージがあるのよね・・・w 次回だけで決着が付くことはないと思いますが変に茶を濁す事はして欲しくないですね^^;



真剣で私に恋しなさい!! 3話 「真剣で私に萌えなさい!!」

一応新番組は一度でも気になったのなら3話まで見るのがなんとなくの礼儀だと思っているので一応見て見ました。 ・・・正直な所今までで一番面白かったです残念なことにw でも予想していたいやさ望んでいた面白さではなかったのも確かです。

まず京フリークとして言わせて頂くと京はあんな落ち着きのないハイテンションなキャラじゃない。確かに原作でも時折テンションが上がることはあるけどそれは強制的な京ENDの時だけであって、基本はファミリーの中で冷静に物事を見て静かに抉るように核心をつく、または大和にアタックしふられる立ち位置なはず・・・なのになんだあの最初からクライマックスなテンションはw 氷青さんの声はひっそりとしたぞくぞくするようなぼそぼそ声が最高だったのに・・・わかってねぇ!! ねっとりとした大人な感じが欲しいんですよ・・・あんな動的でアグレッシブなエロはいらないんですよ!! モモセンパイで事足りてます!! 原作ではヒロインの中でも一番大好きなだけに個人的にはキャラ崩壊レベルですほんとありがとうございました。これはパート毎に一人のキャラに絞ったことが原因なんですかね・・・。まだすべり出しの大事な回でテンションを維持しなければいけないところで、まゆっちは一人遊ゲフンゲフンだからともかくとして、京にその役回りはそぐわなかったんじゃないですかね・・・。

お次はこれはBパートのまゆっちに関して言えることなんだが、やっぱ単純にハーレムルートに違和感がある。京はどのルートでも大和スキーなので自然なんだが、まゆっちが友達作りではなく大和のことであんな悩むのってなんか違うような。一々まゆっちの頭の中に出てくる大和がイケメンっぽいのがいやにうざいですねw まぁ時間軸的に川神大戦終わった後っぽいから伊与ちゃんとの物語も展開しにくいのかなぁ・・・てかホントなんで川神大戦を初回に持ってきて且つハーレムルートにしたんよ・・・。大体にして個人的にハーレムルートって好きじゃないんですよね^^;

次回はこの分だとワンコとクリスでしょうかね・・・。エロに免疫がなく体育会系な友達っぽさが売りのワンコはきっと京以上にキャラ崩壊だろうなぁ^^; てか見るのかどうか。



WORKING´!! 3話 「スランプの理由」

1,2話は録り溜めた状態でまだ見てないんですがなんとなしに3話見てみました。いやぁ相変わらず普通に面白いw 1期と雰囲気変わってなくてよかったですわ。変わった所といえば1期のように話が断片的ではなく基本地続きに繋がっている所でしょうか。それによって全員に満遍なくスポットライトを当てることはできなくなってしまいましたが、反面気になっていたキャラの掘り起こしに重点が置かれていて1期を見て基本的なところを知ってる者としてはいい構成でした。

今回の主人公はなずな。とにかく恐るべしでした・・・完璧にこの作品のラスボスですよね。ぽぷらと山田を篭絡するさまは驚嘆の一言。なんて出来過ぎた小学生だよ!! この作品で敵うキャラが見当たらないよ!! 特に山田をヨイショするために選んだ方法が割った皿の片付けってのが底の見えない皮肉を感じますね・・・先輩を立てながらも「いつも割ってる」という言葉を視聴者に向けて山田からださせようとしたように見えるんだが・・・考え過ぎなのかどうなのかw とにかく畏怖の対象ですw それにやっぱ小学生に見えねぇ・・・ランドセル姿が似合わないw 鍛えるため両手にゴミを持つ姿は逞しくもありました。あの出来過ぎた性根に伊波ちゃん並みの戦闘力が備わってしまったら本当に手が付けられない・・・将来が楽しみでもあり不安でもありますね^^;

続いて泉姉。あそこまで活発に動いている泉姉が見れただけで正直満足。セリフ量だけで言えば1期の総量を軽く超えたんじゃないでしょうかw 逆にもう出番ないのかもという不安もあるけど・・・。 外出時の格好もまた予想外に美人でビックリしましたw なんだあの隣のお姉さん的清潔感と母性は・・・。なのに宗太に一生面倒見てもらおうと目論んでいる残念なところもポイントたかし!! こういうお姉ちゃんが欲しいものです。まぁ宗太のような泉姉を含めた4人の女兄妹のストッパーになれるほどの神経を持ち合わせられる自信はないけど^^; ホント宗太くんの主夫スキルは尊敬に値します。

にしても今更だけどワグナリアの女性店員用のスカートは最高ですね。太ももの見え方が半端じゃない。フワフワした可愛さとその太ももから来るそこはかとないエロスがヤバイです。あのスカートに限って言えばパンツは邪道ですね見えなくて結構!!なんだこのシメ



てことで3作品の雑感でした。なんだかんだでアニメにかなり戻って来ましたねw 雑感という形ではありますけど正直ここまで更新するとは思ってませんでした。もっと早く脱落すると思ってたw ぶっちゃけアニメ見るより優先しなければいけないことが多々あるんですがまぁまったりとやっていこうと思います^^

ではノシ







Free area

  ランダムでどこかの記事に飛びます

■まとめ
2009年・・・ アニメ版 / ブログ版


■各期アニメ総評
2009年・・・ 6月終了 / 9月終了 / 12月終了
2010年・・・ 3月終了 / 6月終了


■投票企画
2010年・・・ 3月終了 / 6月終了


■トラックバック
■月別アーカイブ/RSS





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。